おれの札幌通信

新型車両デビュー


札幌市電の新型車両が今月の始めデビューしました。
リゾート列車のようでめちゃめちゃかっこいいです。

 

 

 

 

 

 

札幌の路面電車の始まりは大正7年までさかのぼります。
それまでは、南区石山から採掘される軟石の輸送が発端になった馬車鉄道が主流でしたが、
北海道博覧会が開催されるということで、一気に電車への気運が高まり、実現に向かいました。
開業当時の営業㌔は5.3kmだったそうです。
そして、昭和2年には市営となり市民の足として発展していったのでした。
昭和41年には、営業㌔が24.95kmとなり、最大の営業㌔となった市電ですが、
昭和47年、札幌オリンピック開催に先駆けて昭和46年に開通した地下鉄と路線が競合する形になって
廃線が続き、昭和49年には現在とほぼ同じ、営業㌔が8.47kmとなりました。

また、現在の西4丁目停留所からすすきの停留所までの駅前通り400メートルを延伸、約40年ぶりに復活させ、路線を環状化する計画があり、平成27年春開通予定とのことです。

ちなみに新型車両の購入費は2両で5億円だとか…
古い車両だからこそ、風物詩的な存在感が出るような気もしますが、
おれの札幌は東本願寺前停留所から徒歩2分と、環状化されたほうが個人的にはうれしいです。

札幌市民の足として、ますます便利になっていく札幌市電の発展に期待したいと思います。

by 髙木